>

脳が柔らかい時に勉強しよう

この記事をシェアする

効率の良い勉強ができる

習ったことをすぐに覚えられるので、勉強が楽しくなると思います。
説明を聞いても理解できなかったり、覚えられなかったらおもしろくありません。
それが、勉強を嫌いになる原因です。
勉強を好きにさせるために、幼稚園児の頃から英会話スクールに通わせてください。
どうしてすぐに覚えられるのかというと、脳や柔らかいからです。

大人になるにつれて、人間の脳は固くなります。
固くなると記憶力が低下するので、英会話を習っても自分の知識に換えるまで時間が掛かります。
効率が悪い勉強になるので、幼稚園児の頃から習わせてください。
子どもが内容をすばやく理解していたら、褒めてあげてください。
親が褒めることで、子どもはもっとやる気になります。

脳の状態は持続する

小さい頃から脳を使って柔らかくしていれば、大きくなってからもその状態が続きます。
つまり勉強しやすい状態になるので、中学生や高校生になっても成績が伸びるでしょう。
そのため、早く英会話スクールに通わせた方が良いと言われています。
脳は使わなくなったら、次第に固くなってしまいます。

ずっとスクールに、通わせることを意識しましょう。
授業内容をしっかり理解するためには、自宅での予習や復習が大事です。
自宅に帰ったら、習った部分を復習しましょう。
改めてノートをまとめると、子どもはわからない部分に気づくかもしれません。
そこを次回の授業で質問すれば、完璧に理解できます。
余裕があれば、次回の授業の予習を済ませると良いですね。


トップへ