>

他の子どもに差をつけよう

この記事をシェアする

なぜ英会話が苦手なのか

日本人は、英会話が苦手な人が多いです。
それは、普段から使っているのが日本語だからでしょう。
英語に全く親しみがないので、中学校でいきなり触れても理解できないという理由です。
小さい頃から英会話に親しんでいれば、授業内容をすぐ理解できるでしょう。
自信を持って授業に取り組めるので、成績がアップします。

勉強をする時に、自信を持つというのは非常に大事です。
英語に小さい頃から触れさせて、子どもに自信を持たせてください。
幼稚園児の頃から始めるのは、早すぎると思っている人が多いでしょう。
ですが近年は、みんなその頃から英会話を勉強しています。
みんなより出遅れると、授業についていけず自信を失う結果になってしまいます。

身近にさせる方法

子どもを英会話スクールに通わせるのは良い方法ですが、それだけではまだ身近にならないかもしれません。
もっと英会話を身近な存在にさせるためには、英語の絵本やテレビ番組を見せてください。
小さい頃から見ていれば英語に慣れます。
すると英会話を習い始めても、抵抗を感じることなく勉強できるでしょう。

親や英字新聞を読んだり、海外の映画を見るのも良い方法です。
親が見ているものに、子どもは興味を持つことが多いので英会話を勉強するきっかけになるかもしれません。
少しでも、英会話になれるよう工夫してください。
しかし英会話だけに集中し過ぎると、今度は日本語が疎かになります。
どちらも、しっかり覚えさせることを意識しましょう。


トップへ